不動霊場

お不動さまの縁で結ばれた、四国の霊場です。



水田と明王院全景

 四国三十六不動霊場は、四国各地の不動明王さまにゆかりの深い三十六ヶ寺により、平成元年に開創されました。各札所のお不動さまには、「鼠不動」(ねずみふどう)などの愛称が付けられ親しまれています。また、不動明王の眷属(けんぞく)である三十六童子さまがそれぞれに配置されています。

 霊場全体は「六波羅蜜(ろくはらみつ)修行道場」として構成されています。三十六童子さまには、私たちが日常守るべき六波羅蜜の身近な教えが配置されており、多くの人々の信仰を集めています。

 年一回の行事として、四国各地にて「不動の火祭り」を開催し、柴燈護摩(さいとうごま)を修行して、参拝者の家内安全・所願成就を祈願しています。

詳しくは下記ページをご覧ください。

四国三十六不動霊場公式ウェブサイト
http://sikoku36fudo.org/

第2番 明王院
御詠歌
ありがたや 吉野川辺の 磨日山
ゆかりも深き 南無不動尊 
本尊 不動明王
御真言
のうまくさんまんだ ばざらだん せんだ
まかろしゃだ そわたや うんたらた かんまん 
第2番 制吒伽童子
御真言
おん しゅと とば うんばった 


トップへ戻る